過酷な気候でカメラを守る5つのヒント

 過酷な気候でカメラを守る5つのヒント

Kenneth Campbell

もちろん、路上でも、雨の中でも、農場でも、泥小屋でも、良い(素晴らしい!)写真を撮ることは可能だ。 しかし、カメラはどうだろう? カメラはこの中でどのようにフィットするのだろう?

水、砂、そして極端な温度でさえも、機材を損傷する可能性がある。 トレーラーに住み、アメリカ中を旅しながら写真を撮っている写真家、アン・マッキネルが、さまざまな気候環境で機材を保護するためのヒントを紹介する。

写真:アン・マッキネル

1.湿度

雨の日も湿度の高い日も、カメラにとって濡れた状態は大敵だ。 フラッシュやレンズ、その他のアクセサリーにとっても。 カビは湿度を好む。 カメラ用のレインカバーやプロテクターを用意しよう。 使い捨てタイプと繰り返し使えるタイプがある。 急ぐ場合は、生分解性のないビニール製のマーケットバッグが役立つ。

カメラのインレットをカバーするゴム製のポート(伝送ケーブルなど)がすべて密閉されていることを確認する。 カメラの外側に結露した水を拭き取るために、清潔な乾いた布を手元に置いておく。 カメラを保管する場所にシリカゲルのパックを置いておく(密閉された瓶に入った防カビ製品も同様)。 湿度を下げ、カビのリスクを減らすことができる。

写真:ニロ・ビアツェット・ネト

2.雨

最悪の場合:カメラ内部に水が落ちたら、用心に越したことはありません。 レンズを取り外し、どの部品か観察してみてください。 バッテリーとメモリーカードを取り外し、ドアなどの折り目をすべて開けてください。 カメラを上向きにし、レンズを下向きにして熱源(もちろん、熱すぎない)の近くに置き、開口部から水を蒸発させます。 感度の低いアクセサリー(レンズキャップや布製ストラップなど)は、余分な湿気を吸収する乾燥した米袋に入れることができます。 カメラを技術者のところに持っていくのは早ければ早いほどいいです。

写真:アン・マッキネル

3. 激しい暑さまたは寒さ

ほとんどのカメラは-10~40℃の間で動作しますが、これはバッテリーのためで、極端な温度に達するとバッテリー内の化学物質が正常に機能しなくなります。 この問題を避けるには、予備のバッテリーを温度管理された場所に保管してください。 極寒の場所で撮影する場合は、体温で暖まるようにポケットに1つ入れておくとよいでしょう。カメラバッグは、バッテリーが動作するのに十分な涼しさを保つために適切な日陰を提供する必要があります。

写真:アン・マッキネル

レンズが虫眼鏡のようになり、太陽の光がカメラに集中し、シャッターやイメージセンサーに穴を開けてしまうことがあります。

写真:アン・マッキネル

4.砂

湿度以上に、機材の故障の原因として最も多いのがこれだろう。 誰もがカメラをビーチ(あるいは砂漠)に持って行きたがるが、砂があちこちに入り込むので要注意だ。 最悪の場合、レンズ内に入り込んで画像が汚れたり、ギア内部に入り込んでギアに深刻なダメージを与えたりする。シャッターやオートフォーカスモーターなどの可動部、レンズやセンサーなどの傷 砂はカメラにとって危険な敵だ。 プロ用もコンパクト用も。

カメラのゴムパッキンがしっかりと密閉されていることを確認し、使用しないときは必ず密閉したバッグに入れ、砂が入らないように保管してください。 また、保護用のマッキントッシュを使用すれば、カメラをゴミから守ることができます。 カメラに砂が付着した場合は、布などで拭き取らないでください。圧縮空気は非常に強力で、損傷を引き起こす可能性のある化学物質を含んでいるため、避けてください。 他に選択肢がない場合は、吹いてもかまいませんが、唾液の粒子を投げてしまわないように十分注意してください。

写真:アン・マッキネル

5.風

強風は砂を運んでくるだけでなく、三脚を吹き飛ばしたり、カメラを地面に投げつけたりして、計り知れないダメージを与えます。 風の強い日、三脚を使う必要がある場合は、重りを使って三脚を安定させましょう。 鉛の重り、よく密閉された砂の袋、石の袋などでもかまいません。撮影と同時に機材の手入れをすることになる。

写真:アン・マッキネル

ソース // DPS

関連項目: 2023年、人工知能(AI)を搭載したチャットボットベスト6

関連項目: インスタグラムでフォローすべきブラジルの家族写真家10人

Kenneth Campbell

Kenneth Campbell はプロの写真家であり、作家志望でもあり、レンズを通して世界の美しさを捉えることに生涯の情熱を持っています。絵のように美しい風景で知られる小さな町で生まれ育ったケネスは、幼い頃から自然写真に対する深い認識を培ってきました。業界で 10 年以上の経験を積んだ彼は、優れたスキルセットと細部への鋭い目を獲得しています。Kenneth は写真が好きだったので、写真を撮るための新しくてユニークな環境を求めて広範囲に旅行しました。広大な都市景観から人里離れた山々に至るまで、彼はカメラを世界の隅々に持ち込み、常にそれぞれの場所の本質と感情を捉えようと努めてきました。彼の作品はいくつかの有名な雑誌、美術展、オンライン プラットフォームで取り上げられ、写真コミュニティ内で認知され、称賛を得ています。Kenneth は、写真に加えて、自分の知識や専門知識をこの芸術形式に情熱を注ぐ他の人々と共有したいという強い願望を持っています。彼のブログ「Tips for Photography」は、意欲的な写真家がスキルを向上させ、独自のスタイルを確立するのに役立つ貴重なアドバイス、コツ、テクニックを提供するプラットフォームとして機能します。構図、照明、後処理のいずれであっても、Kenneth は誰でも写真を次のレベルに引き上げることができる実践的なヒントと洞察を提供することに専念しています。彼を通してKenneth は、魅力的で有益なブログ投稿により、読者にインスピレーションを与え、独自の写真の旅を追求する力を与えることを目指しています。フレンドリーで親しみやすい文体で、彼は対話と交流を奨励し、あらゆるレベルの写真家が一緒に学び成長できる協力的なコミュニティを作り出しています。旅行や執筆以外の時間には、ケネスは写真ワークショップを主催したり、地元のイベントやカンファレンスで講演したりしています。彼は、教えることが個人的および職業上の成長のための強力なツールであると信じており、情熱を共有する他の人々とつながり、創造性を発揮するために必要な指導を提供することができます。Kenneth の最終的な目標は、カメラを手に世界を探索し続けると同時に、周囲の美しさを見て自分のレンズを通して捉えるように他の人たちにインスピレーションを与えることです。指導を求めている初心者でも、新しいアイデアを探している経験豊富な写真家でも、Kenneth のブログ「写真のヒント」は、写真に関するあらゆる情報を提供する頼りになるリソースです。